【1歳】知育にも最適!アンパンマンが大好きな子どもにぴったりなおもちゃ5選

子育て

今も昔も変わらぬ人気を誇るアンパンマン。私が子どもの頃も、アンパンマン大好きでした。それが今や自分の子どもがアンパンマン大好きなのを見ると、なんだか心が温まる思がしますね。

1歳ころにもなると、周りにあるものには何にだって興味を示したり、だんだん自分の好みも出てくるようになります。中でもやっぱりアンパンマンは男女問わず大人気ですよね!ですが、おもちゃの種類も多く、どれがいいか迷うこともあるかと思います。できれば成長発達段階や好みに合わせて買ってあげたい!という方も多いと思うので、今回は1歳のお子さんが喜ぶアンパンマンのおもちゃを紹介します。

ジョイパレット アンパンマン にぎって!おとして!くるコロタワー

まだ月齢の低い赤ちゃんは、握ったものを「放す」といった動作って難しいんです。ボールを握って「放せる」ようになることは、実は一つの成長なんですね。「指先の運動は脳を活性化させる」ともいわれますが、ボールを握ったり放したりする動作を繰り返すことで指先の運動を促進し、脳の発達にもつながるんです。

アンパンマンの頭部分からボールを入れると、アンパンマンのほっぺがピカピカと光り、楽しい音楽とともに、ボールがくるくるところがりながら降りてきます。この不思議な動きに子どもは興味津々。おなじみアンパンマンの音楽も一緒なので、なんだか気分も楽しくなりますね。ボールも5種類あり、それぞれキャラクターが描かれたかわいらしいボールになっています。

アンパンマン NEW まるまるパズル

「にぎって!おとして!くるコロタワー」と同様に、ブロックを指先でつかんで同じ形の場所に入れることから、こちらも遊びながら指先の運動ができます。

またこちらは「ブロックと同じ色・形をした場所に、同じ形をした方向から入れる」といった形の記憶力や空間認知力、色の識別能力がはぐくまれます

 はっきりとした色合いのブロックは、色鮮やかで子どもの好奇心をくすぐります。このブロックは赤・水色・緑・オレンジの4色でそれぞれ3つずつ異なるブロックが計12個ついています。

子どもたちはブロックを積み上げてみたり、並べてみたり、本来の使い方とは違った遊び方をしたりしていましたが、自分たちで考えて、いろんな遊び方ができるのも楽しいですね。

アンパンマン 天才脳つみかさねカップ

サイズの異なるカップを大きい順に全部積み上げるのって、実はいろんな思考回路が働いています。

  1. 複数あるカップの大きさの違いを認知する(大きさや空間認知
  2. 「大きいものを下から順に」積み上げればうまくいくということが分かる(規則性の認知
  3. 指先を使ってカップの大きさを考えながら上手にカップを積み上げていく
  4. 重ねる順番を間違えることなく、全部積み重ねる
  5. 完成!

完成するまで、指先を使うとともにいろんなことを考えるので、脳にとっても良い刺激になります。また物のバランスを取ろうと考える力や集中力も養えるとともに、完成したときの達成感もありますね。

月齢の低いうちは積み重ねる以外にも、カップを並べたり、カップ同士を打ち付けて遊んだりすることもできます。カップはそれぞれ底にアンパンマンのキャラクターの絵と数字が描かれているため、子どももかわいい絵と触れ合いながら楽しく遊ぶことができますよ。また誤って口をふさいでしまった場合でも、小さい空気穴がついているため、窒息しないような工夫も凝らされています。

アンパンマン天才脳らくがき教室

アンパンマンの「書いて消せる」お絵かきボードですね。アンパンマンがいるだけでなんだか楽しい気分になります。お絵かきって楽しいですし、創造力もどんどん広がりますよね!

ペンやクレヨンだと、家中どこでも書いてしまったり、紙の上で書いていても、テーブルや机にはみ出して書いてしまったりすることもありますよね・・・。そうすると後片付けがとても大変なのですが、らくがき教室ならほかの場所に書いてしまうこともなければ、子どもが一人で簡単に遊ぶ準備&片付けもできるのもうれしいポイントです。専用のペンは「三角ペン軸」なので、正しい持ち方と運筆をサポートしてくれます
また、付属のマグネットスタンプで〇や△、アンパンマンの顔をペタペタとスタンプできるのも楽しいですね。

アンパンマン プリちぃビーンズS Plus アンパンマン

どの年代でも大好きなのが、だっこしてかわいがって遊べるぬいぐるみですね!プリちぃビーンズシリーズのぬいぐるみは子どもの手にジャストフィットなサイズで、どこにでも連れていくことができます。ぬいぐるみと接することで、ものを大切にする気持ちや、ぬいぐるみをかわいがってあげるなど優しい気持ちがはぐくまれますね。

我が家ではロールパンナちゃんが大好きな娘と、だだんだんが大好きな息子がそれぞれぬいぐるみを抱えてお出かけするので、微笑ましいな~と思いながらいつも眺めています。
キャラクターの手足は子どもが握るのにちょうど良いサイズらしく、1歳の息子はぬいぐるみの手を握って振り回したり引きずったりすることもありますが、大好きでどこに行くのも一緒です。
ちなみにこちらは全部で37種類あるそうですよ!
全種類集めるというのはなかなか難しいかもしれませんが、お子様の好きなキャラクターも、きっとあるかもしれませんね☆

1歳の子どもが喜ぶアンパンマンおもちゃ

アンパンマンのおもちゃ、と一口に言ってもたくさんの種類がありますが、年齢や発達段階に応じて選んであげたいですね☆好きなキャラクターと一緒だと、楽しさも倍、倍です。もちろんお子様1人で遊ぶこともあるかと思いますが、親子で一緒に遊ぶことで、楽しい時間を過ごしたいですね♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました